2007年06月26日

検査結果。

本日、検査結果を聞きに大学病院へ。
今日は予約時間が早かったのと空いていたせいで呼ばれるのが早かった!
そうそう。今日はドベちゃんに会いました〜。
ジャンヌちゃんという10才の女の子☆
10才なのにとても元気でしたよ!

さて、診察室に入り、検査結果の紙を見せられる。
そこには「おそらく間葉系悪性腫瘍(肉腫)」との文字が。。。
悪性!?悪性腫瘍!?悪性…。

母とボーゼンとしていると先生が口を開いた。
「あくまでも採取した組織の一部から見つかったので断定ではない。
病理の先生によって診断結果には差があり、悪性腫瘍だと判定するラインが曖昧なところ。
この時点での診断についてはたびたび病理の医師と臨床の医師の間で揉めることが多いんですよ。
なので"絶対"という言葉を用いての断定が出来ないから"おそらく"と記載されている訳です。
これが本当に悪性腫瘍なのかどうかを判定するにはコブの部分を切除して検査に回さないといけない。
検査結果の解説には足と同じく"化膿性脂肪織炎"でもあることが記載されている。
私はこちらの線が濃厚ではないかと思っています。
なぜなら仮に悪性腫瘍だとしたら短期間のステロイド投与でコブがこんなに小さくなることは考えられないからです。
とりあえず、もう一週間投薬で様子を見て、コブをもう少し小さくしてから切除したいと思います。」

先生からこのような説明があったので少し安心しました。
今も悪い方向には考えていません。
検査結果よりも先生の見解を信じています。

そして疑問に思ったことを質問!
私「採取した場所は3箇所でしたが、悪性腫瘍のものが見つかったのはどの場所の組織なんですか??」
先生「…3箇所ともです。」
私「切除するとなると、また全身麻酔ですよね??」
先生「そうですね。大人しくしていてくれるなら全身麻酔じゃなくても良いのですが、そういうわけには行きませんよね。暴れて事故に繋がる可能性があるのなら全身麻酔での切除が安全を確保できますので。」
母「入院期間はどのくらいですか??」
先生「今回は入院なしで大丈夫だと思います。」

そして最後にステロイドを貰って、この日の診察は終了しました。
また全身麻酔かぁ。。。
でも、しょうがないよね。確定するためには。
いい機会だからついでに爪を短く切ってもらおうっと!
次回は7月3日に病院へ行ってきます。
そこで切除の日取りを決めると思います。
どうか悪性腫瘍ではありませんように…。

ニックネーム ミカ at 23:30| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする