2007年05月02日

ゴール間近!?

今日は遂に大学病院へ行ってきました!
母も付き添ってくれたので心強かった☆



pasha192.jpg

まずは昨日までのお話から。
パシャくん、今まで気にしていなかったコブを突然気にし始めてしつこく舐めていた。
あまりにもしつこいので皮がずる剥けた。
「舐めてはいけない!」と根気よく注意し、治まったかのように見えた。
しかし、奴は私たちが寝ている隙にコソコソと工事をしていたらしい。
翌日、足を見てみると…穴がポッカリあいて中から血・膿・汁が混じった物がジワジワと溢れ出ていた(-_-;)
お陰で足のコブはスマートに(笑)
穴が開いちゃったもんはしょうがない!
ギューッと搾り出してやったのだぁ〜!!

pasha193.jpg  pasha194.jpg



さて、本題です。
まずは病院へ向かう前にお散歩。
最近、朝一でウ○チしてくれないんだよね〜(>_<)
今日だけはしておいてほしかったのに…。
出ないもんはしょうがない!
時間がないので病院へ向かいました。

すると…病院に向かう車の中でトイレコール(-_-;)
オイオイ…だから散歩した時にすればよかったのに。。。
ウ○チをしてくれるようにいつもより長く散歩してあげたのよ!
予約時間に遅れちゃうから我慢我慢!
どうせ、着いてすぐに診てもらえないだろうから着いたらね!

午前9時30分。病院に着いて、まずは受付を済ませる。
受付後、すぐにお散歩へ。
でも、いつ呼ばれるか分からないのでちゃちゃっと済ませましょう!
と、思ったらソワソワしながら場所を探すものの、してくれない。。。
いいんだな!?後で後悔するぞ!!
どーも病院内にいるワンコたちが気になるようで。。。
じゃあ、戻りますか!

待合室で待っていると、傍にいた人に声を掛けられた☆
「うちもドーベルマンなんですよ〜。」
残念なことにドベちゃんはバックヤードに入院中で対面出来なかった(>_<)
さて、予約を取っているのでそんなに待たされることはないだろうと思っていた私たち。
呼ばれたのは11時頃でした〜(-_-;)

まずは研修医の先生とお話。
これまでの経緯を詳しく説明。
ついでに今までに撮っておいた日付入りの観察記録写真を提出した。
そして血液検査、超音波検査、レントゲン、穴から出ている汁の検査をすることに。
ここで一旦パシャとお別れ。。。

パシャの検査を待っている間、パシャらしき吠え声が聞こえてきた。
ずーっと吠えてる。。。
「あぁ…多分トイレだ!戻ってきたら連れてってあげなくちゃ!」
しかし、いくら待っても帰ってこない。
パシャらしき声はずーっと吠えている。
だんだん私が焦ってきちゃって落ち着かない。
痺れを切らした私は受付の人にトイレに行かせてくれるようお願いした。
しばらくしてパシャ登場!
ダッシュで病院を出る。
病院を出た後のパシャは木に向かって更にダッシュ。
木の根元に辿り着くとすぐに出した(笑)
パシャ、そうとう我慢してたんだね(^_^;)

トイレから戻ると検査再開。
どうやら先生の話によると吠えていたのはパシャじゃなかったみたい(^_^;)
またまた待たされ診察室に呼ばれたのは1時頃。
診察室に入り、目の前に飛び込んできたレントゲン写真に母も私も唖然!
なんかパシャの足に巻きつくように白いモヤっとしたのが写ってる〜(>_<)
なに、これ!?もしかして癌とかじゃないよね!?
凄く不安になった。。。
そして担当の先生から説明が。
まずは真上から撮ったレントゲン写真の説明。
ん??真上から撮った写真には白い物体が写ってないぞ??
とりあえず、骨や関節には異常なしとのこと。

次は真横から撮った写真。
これよ!これ!!この白い物体は何よ!?
「これはパシャくんの足の穴から造影剤を注入して撮った写真です。」
!!!!!えぇ〜!!!!!
その白い物体はバリウムみたいな物でした。
しかし、、、その造影剤は足首の関節上部分の穴から巻きつくようにして足裏の腹まで続いていた。
と、いうことは!と、いうことは!!

私「先生、それって空洞が続いてるってことですか??」

先生「はい。その通りです。穴から注入した造影剤は足の裏側を通るようにして足先まで続いています。」

そんな!!だって空洞は埋まっていたんじゃないの??
しかも、こんなに長く続いてるなんて。。。

私「どうして空洞になっているんですか??」

先生「考えられる原因としては異物の混入ということが考えられます。その異物が外へ外へと出ようとして足の中で彷徨い、道を作っているのだと思います。これまでにもそういうケースの前例があります。」

母「どうしたら治るのでしょうか??」

先生「やはり、これは空洞に沿うように切開して内部を綺麗にしなくてはいけません。空洞部分の組織が駄目な組織(多分、肉芽組織のことだと思う)になってしまっているので、それを綺麗に切除しないと空洞部分は塞がりません。その際に異物も発見できると良いのですが…。そればっかりは開いてみないと分かりません。なので、来週は検査の結果が出た後、手術ということになると思います。」

母「手術をしたらどの位で治りますか??」

先生「うまく行けば1ヶ月で完治ということになります。」

はい。そんなこんなで急遽、手術が決まってしまいました(>_<)
まさか、こんなにポンポンと話が進むとは思ってもいなかった。。。
手術日は5月9日(水)です。
あまりにも急なので大した準備が出来そうもありません。
手術に向けて、室内でも排泄できるようにトイレトレーニングを始めようかと思っていたのに。。。

本当に治るのか??凄く不安だけど、治ると信じて頑張ります!!
パシャも頑張ってくれよ〜!!
そんで早く治していっぱい遊ぼうね☆

pasha195.jpg

剃られてジョリジョリになりました〜(笑)


ちなみに病院を出たのが2時過ぎ。
遅めの昼食をとって会社に着いたのが4時すぎ。
私は5時から仕事をしました〜(-_-;)
あ〜、忙しい忙しい(>_<)
今日はパシャも母も私もグッタリ。。。

ニックネーム ミカ at 00:55| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする