2011年03月20日

仙台の友人からの便り

2011.3.11 14:46 東北地方太平洋沖地震が発生した。

私はワンズの散歩後、自宅にて地震を体験した。
揺れが収まるまで待ち、その後は近所で飲食店を経営している
足の不自由な母が心配になり、店へ電話を入れるも出ない。。。
大きな余震が来るかもしれない状況の中で
ワンズだけを残して自宅を離れるのは心配だったが
何度電話をしても応答がないので、すぐさま母の元へ。
すると母は商店街仲間と一緒に店の外へと避難していた。
八百屋のラジオからは耳を疑いたくなるような情報が流れてくる。
建設業で現場に出ている父の安否も心配だ。
連絡を取ろうと試みるが、携帯は全く使えない。。。
とりあえず怪我などしていないことを祈って一度帰宅。

少し落ち着いた所で仙台に住む友人たちが心配になり
連絡を入れるが、またもや携帯は通話不可。
何度かトライしてみるとメールが送れた。
しかし、待てど暮らせど返事が返ってこない。
大きな不安に駆られながらも「きっと避難中とかで、それどろこではないんだ!」と
自分に言い聞かせる。
一時間後、全員から「無事」との返事がきた。凄くホッとした。

その後は家族で何時間もテレビに齧りつく。
津波の映像は現実とは思えないほど悲惨なものだった。
夜になり、数百体のご遺体が発見されたとの報道で
友人の安否確認が取れ、安心していた私はまたまた不安に。。。
「もし連絡が取れた後に津波に襲われていたとしたら…」
すぐにもう一度安否確認のメールを送ったが、数日待っても返事は来なかった。
(その後、連絡が取れ、全員の無事が確認できてます)

さて、無事が確認できた友人の中の一人、
審査会でお世話になっている仙台のブリーダーさん(以下、Aさん)は
大変な状況下の中で被災地での様子を時間が取れた時に連絡してくれています。
そこには報道では得ることのできない現状、被災地でのペットのことなど、
多くの人に知ってもらいたいような内容が含まれていましたので
ブログに掲載する許可を貰い、こうして記事を書くことにしました。



Aさんのご自宅は幸いにも被害が少なかったようで、
愛犬のドーベルマンたちも無事とのこと。
一頭だけ余震が来るたびに吐いてしまう子がいるようですが。。。
「自分にも何か出来ることはないか?」と緊急車両の申請を出し、
避難所へ食糧を運んだり、避難しているペットの食糧を運んだりしているそうです。

以下、Aさんから頂いたメールを転載します。

「昨日、契約してた犬猫の問屋さんに行って事情を伝えたら、
大量のドックフードやおやつを分けてもらい、
動物病院やボランティアが昨日から開設した動物の避難所に配ってきました。
やはり、人間が食料不足と同じで動物も食料不足です。
「エサを分けて」とか結構訪ねてくるので、役に立てて良かったです。
宮城は避難所に犬や猫が入れないどころか、
何処に避難させているのか役所に確認すると、「知らない。自分で探して。」とか、
「動物にまでかまってられない。」という対応です。
昨日は、役所にマジギレでした。
ガソリンも買えないのに動いてる自分がばからしくなります。
いいときだけの愛犬家ならやらないでほしい。
いいときも、悪いときも、家族同様に犬や猫にも接してほしいですね。」

「こちらは正直、緊急車両でも給油が難しいです。
支援物資があっても届けられないのが実際です。
宮城県の動物病院などが、本格的に動物の避難所をやり始めましたが、
エサ不足が問題ですね。
スーパーも人間の食料ばかり販売してますし、今回は(会社名)という問屋さんが
協力してくれて、沢山のドックフードを寄付できました。
この先もメーカーが「注文は受けるが、届けられる日にちは分からない」という
返答なので、エサ不足は深刻な問題になりそうです。 」

とりあえず、今までに頂いたメールは以上です。

そして忘れさられた被災地、茨城県。
茨城県にも、つい先日、全日本ドーベルマン展でお世話になった方々がいらっしゃいます。
茨城県でも支援物資不足、フードの入手困難が深刻な問題となっているようです。
ぜひ、茨城県にも目を向けて下さい。
各配送業者の茨城県への荷物の受付が再開されたようです。
早く供給と物流が安定しますように…。

また続報が入りましたら随時更新していきますので宜しくお願いします。



〜業務連絡〜

日本警察犬協会 宮城中央ドーベルマンクラブ・茨城ドーベルマンクラブ
群馬ドーベルマンクラブの皆さんは無事だとの連絡をAさんから貰っています。
また審査会で皆さんの笑顔が見られる日を楽しみにしております。
そして被災された皆さんの一日も早い復興をお祈りしています。



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
ニックネーム ミカ at 02:37| Comment(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント