2008年07月03日

カレンのいろいろ。

カレンが来てから色々なことがありました。
今まで報告できませんでしたが、
やっと落ち着いたのでご報告させていただきますm(__)m


え〜、このブログをご覧になっている皆さんの中には
カレンがガリガリなことに疑問を持っていらっしゃる方もいるかと思われます。
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
カレンがガリガリな理由をお話させて頂きたいと思います。

カレンが我が家に来た翌日、とうとう水下痢になってしまい病院へ行きました。
検便をしたところ、お腹の中に回虫などのたくさんの虫がいることが発覚。
さっそく虫下しを飲ませて、熱もあったので解熱剤の注射も打ってもらい
闘病生活に入りました。
翌日、カレンの便と共に大きな大きな回虫が姿を現しました。
想像していた以上に大きな回虫だったのでビックリ&ショック。
長さでいうと30cmくらいでしょうか。。。
あまりにも気持ち悪かったのでさっさと片付けてしまい、
じっくりと観察していないので
それが一匹の長さなのか何匹かいた長さなのか分かりませんが。
その後、水下痢が治まることも無く、お腹の状態が良くないので
ご飯も少量しか与えられず。。。

その翌日には吐き気も伴なってしまい、夜中中嘔吐を繰り返していました。
再度病院へ行き、絶水・絶食の指示。
胃腸に負担をかけない滋養水というもので様子を見ていましたが、
それでも吐き気が治まらず再度病院へ。
栄養剤の点滴や吐き気止め&解毒剤の静脈注射をしてもらい帰宅。

翌日、嘔吐する回数は格段に減ったものの、
それでも吐き気が治まらず、またまた病院へ。
カレン、とうとう入院しました。
血液検査をしてみるとカリウムの数値が低く、それが吐き気の原因だと。
さらに胃腸も荒れてしまっていると。
入院中は栄養剤の点滴や静脈注射、カリウム調整の薬に胃腸の薬。
我が家に来てからまともに食事を摂っておらず、ここ2日間は絶食だったため
日に日に細くなっていくカレンを見ているのが辛くて怖かった。
「このまま育たなかったらどうしよう…。」と凄く不安で不安で。

しかし、治療のお陰で経過は順調!翌日には退院☆
ごはんも少しづつ食べさせてもらっていたようで
入院前に比べてふっくらしていて一安心(^_^)
「たった一日でここまで変わるの!?」というくらいに
目に見えて変わったカレンにビックリでした!

帰宅後の初めての食事。
まだお腹が本調子ではないので少ししか与えられず
カレンは「足りないー!!」と催促☆
我が家に来て初めてご飯を催促したんです。
その姿に感動したと同時にカレンの本来の姿にビックリ!
ずーっと「大人しい子だな〜」と思っていたけど、それは具合が悪かったからで
本当は超ハイパーなワガママ小悪魔ちゃんでした(^_^;)

その日からカレンはめきめき元気になって!
本来の姿を見て分かったことはカレンは神経が図太い&気が強い!(笑)
まあ、気の強い我が家におっとりした子が来るはずがないな(笑)
やっぱり「可憐」という名前じゃなくて良かったよ(^_^;)
だって「可憐」とは程遠いですから〜!!(笑)

その他にもカレンには様々な不審な点があります。
まず一回目のワクチンすら打ってもらっていませんでした。
虫下しも2回ほど飲ませたと言っていましたが、完全に嘘でしょう。
おでこにはたくさんのブツブツが出来てます。
肘には大きな寝ダコが出来てます。
初めてパピーを迎えた我が家なので「これが普通なのかな??」と
思っていましたが、ドベ友さん曰く「おかしい。有り得ない。」とのこと。
もちろん我が家はブリーダーさんにクレームを入れましたよ!
今はまだ治療途中なので決着はついていませんが、
全ての治療が終わったら決着をつけたいと思います。

あぁ…カレンが我が家に来た日の記事に
「体が弱くても、肌が弱くても、病院通いが多くても…」ということを書きましたが
まさにその通りになってしまいました(^_^;)
でも我が家は後悔していません。
どうしてもパシャに似た子が欲しかったのですから。
カレンがやって来るまで「どんな子が来るのだろう??」と不安もありましたが
カレンに対面した瞬間は本当に本当に嬉しくて「ヨッシャー!!」と
心の中で叫びました。
私の理想どおりのパシャによく似た可愛らしいお顔にクリクリおめめ♪
犬舎がどんな状態なのかちゃんと下見もせず、
安易にこの犬舎から迎え入れてしまったことは
軽率な行動だったかもしれませんし、
カレンをこんな状態にしていたブリーダーさんに怒りも覚えますが
「この犬舎がなければ私たちはカレンに出会えなかったんだな〜」と思うと
複雑な気持ちです。
正直、私はこの犬舎で生み出されたドベが個人的に大好きなので、
こんな管理をしていることに「残念な気持ち」と
「もったいないという気持ち」でいっぱいなんです。
初めは怒りに任せて「こんな犬舎、無くなってしまえ!」と思いましたが、
ぜひ改善して優良犬舎に変わってほしい。
この事件のせいでお盆休みに計画していた犬舎への里帰りは
中止にしようかと思ったけど「説得をしに行ってみようかな〜」なんて思ったり。
まあ、私の気持ちが相手に届くかどうか…??
相手が聞く耳を持っていなければ、どうやっても無理だしね。。。
そもそも、今まで改善されてないんだから無理か(-_-;)
絶対に我が家以外にもクレームはあるはずだし。。。

さてさて、退院してから今日で約一週間ですが
なかなか通院生活から抜け出せず。
体調不良のために目やにが酷くて、カレンはカイカイ。
カイカイし過ぎて結膜炎になっちゃいました。。。
さらに目と鼻が繋がっているので粘着性の鼻水ダラダラ。
鼻が詰まって寝苦しいようで何度も起きては寝ての繰り返し。
そんなこんなで一日おきに通院していましたが、やっと落ち着いたかな??
う〜ん。ちょびっと便に血が混じってるんだよねぇ。。。
胃腸の薬も貰っているし、本犬は元気なので
もう少し様子を見てみようと思います。

あと、体重のほうですが退院後の数日間はふっくらだったけど今はガリ気味(T_T)
今もまだお腹の調子が本調子ではないので薬を服用しながら
少なめの量を与えているんです。
駆虫もまだ完全に終わっていませんし。。。
ごはんを最低限しか食べさせられないので体の成長に
体重が追いついていかないようです。
本当はたくさん食べさせて早くパピーらしいムチムチの姿に
変身させてあげたいのですが、焦らずにじっくりと育てていきたいと思います!

他にも更新したいことは山ほどあるのですが
まとめて更新するとなるとチョー長ったらしいブログになってしまうので
今日はここまで〜。

karen11.jpg

入院前のカレン。
ありとあらゆる骨が浮き出ています。


karen12.jpg

退院後のカレン。
肩や腰の骨が目立たなくなってきてるでしょ??


karen13.jpg

上から見るウエストにくびれはありますが、
横から見るウエストのくびれは無くなりました(^_^)


karen14.jpg

「おすわり」も出来るようになったのよ〜(≧▽≦)
詳しくは次回!!
ニックネーム ミカ at 17:40| カレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする