2008年04月28日

家族。

パシャが居なくなって5日が経ちました。
毎日、つまらないです。。。
そして、ぐっすりと眠ることが出来ません。
パシャが居なくなってから毎日のように夢を見ます。
その夢には必ずパシャが登場。
夢を見ているってことは脳が働いてる状態なわけで。
酷い時には何度も目が覚めてしまって眠った気になれない。
お陰で毎日眠たいです。

さてさて、先生に近況を聞くと決めた入所後一週間はすぐそこ。
毎日、気になりながらも自分を抑えています。
なのに、父と母といったら入所後3日目くらいから
「先生に電話をしてくれ!」と、うるさい(笑)
人のことを心配性だの、過保護だのと言うわりには
我慢できてないのは彼らのほうです。
しかも「一週間は我慢すると決めたし、あと少しだからダメ!」と、断っても
毎日毎日「電話してくれ」「電話させてくれ」と、お願いしてきて諦めの悪いこと。。。

私がなぜ「一週間後」に決めたかというと、
家族と離れて寂しがるのは当たり前の事だからです。
一日目はさすがに寂しがるだろうし、
たとえ寂しがってなかったとしても悪いことではない。
(それはそれで悲しい&寂しいけどね。)
だから少しづつ慣れてきても良い頃(一週間後)に電話をしようと決めたのです。

まあ、パシャのことだから、うまくやっていることでしょう。
彼はたらい回しにされている間に自分の置かれている状況を学び、
それに対して利口に生きていくための知恵を身に付けました。
何度も何度も環境が変化するたびにクヨクヨなんてしていられません。
だから突然の環境の変化にも素早く適応するのです。
本心では「寂しい」という気持ちがあるかもしれません。
でもパシャはとても強い子。
今まで乗り越えてきたように、今回も乗り越えてくれることでしょう。
そして訓練が終了したら私たち家族が必ず迎えに行く。
どんなに離れている時間が長くても
私たちの「必ず迎えに行く」という約束が果たされれば
パシャと私たちの間に更なる深い絆が生まれると私は信じています。

パシャに本当の家族だと認めてもらえるまで、あと少し。
その日を夢見て頑張ります☆

ニックネーム ミカ at 14:51| パシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする