2011年03月20日

仙台の友人からの便り

2011.3.11 14:46 東北地方太平洋沖地震が発生した。

私はワンズの散歩後、自宅にて地震を体験した。
揺れが収まるまで待ち、その後は近所で飲食店を経営している
足の不自由な母が心配になり、店へ電話を入れるも出ない。。。
大きな余震が来るかもしれない状況の中で
ワンズだけを残して自宅を離れるのは心配だったが
何度電話をしても応答がないので、すぐさま母の元へ。
すると母は商店街仲間と一緒に店の外へと避難していた。
八百屋のラジオからは耳を疑いたくなるような情報が流れてくる。
建設業で現場に出ている父の安否も心配だ。
連絡を取ろうと試みるが、携帯は全く使えない。。。
とりあえず怪我などしていないことを祈って一度帰宅。

少し落ち着いた所で仙台に住む友人たちが心配になり
連絡を入れるが、またもや携帯は通話不可。
何度かトライしてみるとメールが送れた。
しかし、待てど暮らせど返事が返ってこない。
大きな不安に駆られながらも「きっと避難中とかで、それどろこではないんだ!」と
自分に言い聞かせる。
一時間後、全員から「無事」との返事がきた。凄くホッとした。

その後は家族で何時間もテレビに齧りつく。
津波の映像は現実とは思えないほど悲惨なものだった。
夜になり、数百体のご遺体が発見されたとの報道で
友人の安否確認が取れ、安心していた私はまたまた不安に。。。
「もし連絡が取れた後に津波に襲われていたとしたら…」
すぐにもう一度安否確認のメールを送ったが、数日待っても返事は来なかった。
(その後、連絡が取れ、全員の無事が確認できてます)

さて、無事が確認できた友人の中の一人、
審査会でお世話になっている仙台のブリーダーさん(以下、Aさん)は
大変な状況下の中で被災地での様子を時間が取れた時に連絡してくれています。
そこには報道では得ることのできない現状、被災地でのペットのことなど、
多くの人に知ってもらいたいような内容が含まれていましたので
ブログに掲載する許可を貰い、こうして記事を書くことにしました。



続きを読む
ニックネーム ミカ at 02:37| Comment(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

日本チャンピオン決定審査会の中止と義援金について

震災により日本警察犬協会が開催する日本チャンピオン決定審査会が中止になりました。

協会のHPによると3月22日より出陳料を順次返金するとのこと。

併せて「義援金のお願い」も更新されていたので

さっそく協会本部へ電話し「出陳料を返金せずに義援金に充てられないか?」と

訪ねたところ「可能」とのお返事を頂いたので、義援金として納めて頂くように申し出ました。

もし「出陳料を義援金に…」と考えられている方は協会へ申し出てみて下さい。

返金手続をすると手数料分が無駄になりますので。

取り急ぎ、ご連絡でした。



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村



ニックネーム ミカ at 01:04| Comment(2) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする